makiyaWP2

Line@始めました。販促ナイショ話。販促美人とお友だちになってね☆
友だち追加


「もっと売上あがるはずなんだよ!」と分かっている社長さんへ。その要因がコレでしたら、きっとチャンスをつかめます!

『社員さんの力を引き出せていないこと』

『社長ワンマンで、社員さんを巻き込めていないこと』


多いんです、そういうことって。社長はすごく能力が高くてお店を引っ張ってきたけど、規模が大きくなると社長の手が届かなくなる(当たり前ですね)。社員さんを何人か雇って指示を出すけれど、社員さんは社長の思うようには動いてくれない。。。社長は「俺ばっかり頑張ってるのに…なんで…」となる。そういうこと、多いんです。

個人の力なら社長が一番かもしれません。でも、会社全体の力を上げるなら、社員さんの力を存分に引き出すことが大事じゃないでしょうか?

売上を上げるための販促策もそうです。社長が決めた販促策をトップダウンで社員にやらせる。これを社員さんがモチベーション高くやるでしょうか?

そういうことなんです。ぼく自身、いろんな会社の社長さんと一緒に販促策を練って実践してきましたけれど、成果の出る会社と出ない会社の違いってここがとっても大きいんです。トップダウンで「やらせる」のか、社員さんが「自ら動きだす」のか。

どんなにいい販促策でも、きちんとやり切れば売上の上がる販促策でも、現場の力が加わらなければクソ販促です。売上は上がりっこありません。


想像してみて下さい。社員さんが自ら販促策を考えて実践し始めることを。

イチオシメニューを自分で決めてPOPを作りだす姿を。そのPOPに目を向けたお客さまに、すかさずおススメしにいく姿を。

お客さまから頂いたアンケートを読んで、スタッフ同士で改善策を考える姿を。そしてお礼ハガキを書き、お客さまに送る姿を。

売上が上がらないわけないじゃないですか!?


社員さんの力を引き出すのに大事な”3つ”のこと。
1)社員さんのアイデアを引き出す・拡げる場を儲けること

社員さんの力を引き出すためにだいじなのは、社員さんが自ら「販促策」を考える場を設けることです。人から押し付けられたことをやるよりも、自分で考えたことの方が…やりますでしょ?(当たり前のことです)

2)売上に直結する「お題」を設定すること

販促策を考える際には「お題」があった方がいいです。「何でもいいから売上を上げるアイデアを」としてもイイんですが、そうすると範囲が広くなりすぎる。時間もかかるし成果も見えづらくなります。

そこで「売上に直結するお題」を事前に設定しておくのです。そのお題の中で社員さんにはアイデアを練ってもらう。そうすることでより効果の高い販促策を生み出すことができます。

3)「アイデア⇒実践⇒振り返り⇒ステップアップ」のサイクルを回すこと

「やりっぱなし」は最悪です。実践をしたら必ず振り返りをしましょう。数字の結果だけでなく、お客さまが起こした行動や、スタッフの手応えもふくめて振り返ります。そして「次にどうしたらいいか」とステップアップのアイデアを練ります。このサイクルを回していくことで、より成果は高まります。よくある「PDCAサイクル」です。当たり前のことですが、実践できている会社はほとんどありません(少なくともぼくはほとんど知りません)。

このサイクルを、月1回ペース以上では行いたいものです(本当はもっと短いサイクルの方がいいんですけど、月1回は)。


130%アップは社員Powerで、300%アップは社長Powerで。

bdaccd9496325c50bd45e24be43b23d5_s

お店の売上を上げる時に、どのくらいのアップを目指しますか?人によって・業種によって・商品によって・市場や立地によっても異なるでしょう。

それを考える時に、とっても大事なことがあります。

●売上130%(30%アップ)を目指すなら社員さんのPowerを引き出すことがめっちゃだいじ。

●売上300%(3倍)を目指すなら社長Powerがめっちゃだいじ

ということです。130%は小さな改善の積み重ねでも実現されます。単純計算をすると1%アップする販促策を30個やれば130%になるわけです(実際にはそんなカンタンなもんじゃないことくらいは知ってますよ)。

でも、300%は努力だけではできません。今のお店の形態のままで実現できる場合は少ないでしょう。ここは社員さんの努力が通じる場面ではありません。社長の戦略が威力を発揮します。どんなビジョンを描き・どんな戦略で勝っていくのか。それこそが社長Powerの発揮しどころですね。

ぜひ、社員さんのPowerを引き出して売上130%を目指して下さい!

 


【ここからは弊社サービスの案内です】

社員さんのpowerを巻き込む!売上アップ販促プロジェクト

もし、上記の社員さん巻き込みプロジェクトに共感を持って頂いた社長さまの中で「自社内での運営は難しい」と判断された場合は、弊社も運営に加えることも考えてみてください。全力でサポート致します!

■代表まきやは、しかける販促の専門家です

専門家ですから…「売上に直結するお題」の設定ができます!

SONY DSC

■まきやの個人的なストーリー「Yesマンだから、今の仕事に

■まきやの最近の販促事例  まきやの最近のお仕事実績

■しかけ販促のページ    リアクションGET販促をはじめよう

株式会社はぴっく代表取締役 沖縄100%純血の神奈川県生まれ 愛妻1人 愛息子2人 運とまゆ毛は一流

横浜国立大学 経営学部を卒業後、食品スーパーのオーケー株式会社に入社。店舗勤務の後に本社にて新規プロジェクトに参加する。飲食店中心のコンサルティング会社である株式会社リンク・ワンに転職し、居酒屋・リサイクルショップ・豚料理店・焼肉店の店長職を歴任する。新しいアイデアを積極的に取り入れたことが評価され、3年連続で優秀社員賞を受賞する。

現在は「しかける販促マン」として活動。飲食店・整体院・整備工場・講師業・デザイン会社・塗装業・オフィスサービス業などの販促活動をサポートしている。「しかけ」を施すことで、お客さまが自然と行動してしまう販促を得意としている。

・好きな言葉    :イチローよりも頑張っていますか?

・好きなヒーロー  :上杉鷹山・イソップ

・好きな妻の手料理 :鶏の唐揚げ ネギソース(白いご飯との相性◎)

●著書

販促関連書籍を6冊執筆いたしました。(合計40,000部)

【新刊:お客さまがお店のことを話したくなる!クチコミ販促35のスイッチ】(同文館出版)

53231クチコミスイッチ

まきやの著書たち

まきやの著書たち ↑クリックすると、アマゾンページに飛びます。  ※制作物の実例は、こちらをご覧ください → まきやの最近のお仕事実績

■代表まきやは、現場の店長出身です

上のプロフィールにも記載しましたが、福数店舗の店長を経験致しました。月商はお店に寄りますが500万円~1800万円ほどのお店です。そういう経験があるからこそ、お店の状況がありありと想像できます。

・愛知県の飲食店120席・・・立ち上げ店長

・兵庫県のリサイクルブティック17坪 …立ち上げ店長

・東京都内の豚料理専門店(60席) …既存店店長

・大阪府の焼肉店(180席)    ・・・既存店店長

・神奈川・東京の洋食店(100席) … 既存店店長

 

■代表まきやは、販促セミナーや販促ゼミ・勉強会を100回以上運営しています

全国の商工会・商工会議所さまや、社員研修などにお呼び頂いています。また自主開催の少人数勉強会も多数開催しています。だから、アイデアが拡がる場を作れます。

 


こんな質問があるかなーと思い、事前にお答えします。

●売上130%って、確実?

残念ながら確実ではありません。目指しましょうという目標値です。改善を積み重ねてあげる売上としては130%はかなり高い目標です。低い目標では低い成果しかでませんから。

●ウチは対象になるの?

実際はお話を伺わないと分かりませんが、下記の条件に当てはまればほぼ大丈夫です。

・社員さんが2名以上いる(特に、2店舗以上運営している場合)

・実店舗を運営している(ネットショップやBtoB商売は要相談)

・飲食店・理美容店・リラクゼーションサロン・学習塾・クリーニング店・スポーツSHOP・スポーツジム・物販店・パン屋・お菓子屋・宿泊業などなど。

・地域は、横浜~都内がメインですが、それ以外の場合もご相談ください。

●まず、相談に乗ってもらえる?

もちろんです!こちらも事前にお話を伺わないとお手伝いできるかどうかも判断できません。事前にご相談させて頂き、いいカタチが見つかった時には、実際に取り組む方向に進めばいいですね。(遠方の場合はお電話かスカイプ動画会議などで相談させてください。お近くの場合はお会いしましょう)

■本気の方は、お気軽にお問い合わせ下さい!

130%を目指す社長・社員さんのPowerを引き出したい社長はお気軽にお問い合わせ下さい。まずは事前相談でいろいろとお話を聞かせてください。

928-12