FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

こんにちは!をかしな販促企画師まきやです。

今、歯医者さんに通っているんです。10年程ほったらかしてしまったので…もう3カ月くらい通っています。月曜日には最後の親知らずを抜きました♪
そう3カ月なので10回くらいは行ってるでしょうか?お店だとしたら、
かなりのヘビーユーザーですよね。超リピーターです。

 

歯医者さんには「次回も”ほぼ必ず”来院する仕組み」があるんです。先生から「次回は●●をやりましょう」って言われて、受付で「次回はいつにしますか?」って聞かれて、まぁ次回の来院が前提になっているんですね。
このポイントは

●権威
●患者さん自身の正当な理由(マイナスを取り除く))
●予約のしくみ

です。エステや整体業でも似たようなしくみをやると思いますが、ポイントをどれだけ訴求してお客さまがそこに正当な理由を感じられるかでが成否にかかわってくるでしょう。


他にも「次回の来店」がほぼ決まっている業種っていくつかあります

たとえば、クリーニング屋さん。洋服を預けているのですから、仕上がったものを取りに再度行きますよね!2回いく仕組みがあるんです。

クリーニング屋さんて、受付しなくても、自分専用のロッカーがあって、そこで受け渡しができると夜中でもいいし面白いなーって思うんですけどね。定期収入にもなるし。話がズレました。
クリーニング屋さんが「預ける」業種だとしたら、その逆もありますね。預かるというか「借りる」業種です。レンタルビデオやレンタルゲーム
レンタルマンガなどです。こちらも2回来店の確約業種です。夜間BOXもありますけど。
この2つのポイントをあえて言うと

●人質ならぬモノ質

です。「人のものを預かれば返す」性質を使っているのですね。

 

あとカフェのコーヒー回数券とかもそう。買った方はあと何回か利用することがほぼ確定してるわけですね。その意思があるから買うんですけど。
次回の来店が決まっていると、やっぱりお店は楽ですよね。次回の予約まで入れてもらえたら売上が読めますからホント楽です。


あと、もう少し別のことを考えてみましょう。お店ってほとんどの場合が「当日払い」ですよね。お店に来店してからサービスを受けた後でお金を払う。そういうことがほとんどです。

でも、来店・来場前に前払いをするのが普通の業種もありますよね?

●コンサート
●スポーツ観戦
●イベント

などです。

こういう業種やイベントに対してはお客さまは「前払い」することに抵抗がありません。そして購入をしたからには、それを利用しないと損なので、できるかぎり来店・来場するものです。遊園地の前売りチケットや、通販も前払い形式ですね。


次回もほぼ来店が確約される仕組み」と「前払いしてもらって、来場がほぼ確約される仕組み」がウマいこと機能したら、お店の経営って楽になりそうじゃないですか?いや、間違いなく楽になりますよーー。

 

こういうのは、お店ごとにじーーくりと作りこんでいくパターンもあれば、既存の仕組みを使っちゃうパターンもあります。ぼくは「既存の仕組みパッケージ」を作ろうと今超力を入れて取り組んでいます。
もうじきリリースしますので、ぜひ楽しみにしていてくださいーー!


‥‥ということで、ぼくの肝入り企画がリリース直前なんです。

「次回来店を”ほぼ”確約する法」


http://haps.chu.jp/omikuji/jikairaiten
(ひとりサロンさん・飲食店向け)

この企画はぜーーーったいに全国のお店の力になる企画になると信じています。だからどーしても、たくさんの事業者さんに利用いただけるようにしたいと願っています。企画スタート直前ではありますが、アンケートにご協力を頂けないでしょうか?

●販促に関する悩みは?(選択制)
●この販促企画で分からないこと・不安なこと(任意・空欄OK)
●この販促企画に期待すること(任意・空欄OK)

を教えて頂けないでしょうか?2~3分で終わるかと思います。
【お礼特典を弾みました!】
1)まきやの販促ニュースレター2017年全データ(10回分)PDF
2)本企画がスタートしたときの超特価権

↓どうかお願いいたします(6月23日まで)
https://pro.form-mailer.jp/fms/d9b35cb1148690

(ひとりサロンさん・飲食店向け)