4コマで「最速PDCA日報(中司祉岐 著)」の肝は「約束づくり」だと考えた。


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

本書は「日報のしくみ」×「著者コンサル視点」

書籍「小さな会社の売上を倍増させる 最速PDCA日報(中司祉岐 著)」を読んでの感想を4コマにまとめました。本の肝をぼくなりにまとめると下の図になります。

日報のしくみを回すことで目標達成できる理由は左側。本の中では著者が実際にコンサルティングして売り上げをものすごく上げたクライアントさんの事例が開設されていて、著者のコンサルティング視点も学べます。

〈後記〉ぼくは「じぶん日報」と称して毎日手書きの日報をつけて3年以上になります(たまに抜ける日はあるけど1000日以上続いている)。はじめたきっかけはこの本の著者の中司さんの音声を何かで耳にしたことでした。ですので、個人的にはぼく自身のきっかけになってくれた方なんです。この本はぼく自身のじぶん日報をさらに高めるきっかけにします!

…ということで、さっそく「朝、じぶん日報を書いたら写真を撮って奥さんにlineで送る」という取り組みを開始しましたーー(今3日目)!自分にどんな変化が起こるか楽しみです☆成長を加速させます!

〈制作〉だいべん士・マッキーヤ(株式会社はぴっく)
これからの「伝えたい」には「前のめり化」がゆうこうだ
ホームページ: http://haps.chu.jp/
Twitter: https://twitter.com/shikakeruhansok