「山田さん」よりも、「山田プロ」の方が格を感じるって話。


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

面白いことがあった。

人はつられるというか、「0→1」を作るよりも真似した方が楽ちんなんだ。


最近、ある2人の社長同士を紹介する場があった。
片方の社長について、ぼくはいつも「先生」と呼んでいる

(向こうもぼくを「先生」と呼ぶ。ほんとに先生というよりはてニックネームとしての「先生」なんだけど)。

で、ぼくが「先生は…」「先生!」と連呼していたら、

もう一人の社長も「先生」と呼ぶようになった。

 

たぶんぼくが「●●さん」と呼んでいたら、同じように呼んだんだろうなぁ。

面白いなぁと思う

お店でも、スタッフに小さな称号をつけたら面白いと思った。

田さん」でもいいんだけど、「山田マスター」「山田プロ」「山田先生」とか。

 

お客さまからの第一印象が、ほんの少し変わると思う

そのスタッフの発言への納得度もちょっとずつ変わると思う。

 

ばれるスタッフの意識も変わるなぁ。

新人さんの称号は何がいいんだろう。

 

まきや