一滴のしょう油に、職人のこだわりが籠る。


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

130 [職人のこだわり]

●大きな寸胴に、一滴のしょう油。
この一滴で、味が決まる。

130

 

先日お伺いしたお店の大将。

ぼくのような凡人の舌には分からないかもしれない。

でも小さなことをいくつも積み重ねる。

ぜったいに妥協しない。

 

こういうこだわりは、実際の「味」にはわからなかったとしても、

「おいしさ」にはきっとつながる。

 

まきや