「お金もらった!」新ツールの喰いつきがいいぜ!


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

ぼくは販促企画屋です。

会社の形式にしてはいますが一人の会社、
「まきや個人」を買って頂かない事にはお仕事が始まりません。

 

そういうことを念頭に、

個人用の販促ツールを新調

しました!
ぼくみたいに、個人の専門家さんには結構「ツカえるカタチ」だと思いますよ~。

「人を売る」個人店も形を変えれば要点は参考になるはず!

 

現在のところ22名に渡していますが、今のところすこぶる調子がイイ☆
結構喰いついてもらえるんですぅ

 

このツールです。

お金ツール

 

壱万円札を模したツールなんです。
諭吉先生のところが、ぼく(まきや)になっている。

 

このツールで狙っていることは何か。
まず「印象面」ではこのようなことを狙っています。

 

●「面白いことを考える奴だ」と思われること
●「壱万円を積み上げる仕事」を直感的に理解してもらうこと
●「ワタシもこんなツール作りたい!」と思ってもらうこと
●「この人なら、なんか面白い企画をしてくれそう」と思ってもらうこと

 

そして「機能面」では、このようなことを狙う。

 

●一度見たら忘れないインパクト
●捨てない・捨てづらい
●人に見せたくなる
●HPへの誘導

 

まずは100人くらいに配らないとわからないですが、今のところ上々の滑り出しです。

喰いつきがいいし、お仕事の問い合わせにもつながったし HPへのアクセスもあるし。

「渡し方」にもひと工夫しているんですけど、それは今回は内緒です☆
ツールを作るときは、「狙い」を決めないといけません。

やはりお仕事につながるためのツールなので、
「お仕事のイメージが湧くこと」「その人らしさが伝わること」
って、とても大事です。

 

だから、他の方がこのまま同じことをしてもあまり意味がないんです。

 

何を狙うツールなのか。

どういう結果を求めるのか。

そのためには、何が伝わればいいのか。

どんなカタチにすればそれが伝わるのか。
自分には自分に合ったツールのカタチがあるはずだから。
ぜひそれを見つけて、作ってみてほしいです!

 

まきや