「あふさか・けふ・ころもほすてふ」と、小さなお店の販促


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

あふさか・けふ・ころもほすてふ。

長男が学校で百人一首をやっているらしく、
欲しいとねだるので買ってきた…
っちゅうか、今まで家になかったんだ(>_<)

30枚くらいに絞って久々に実施。まったく覚えていない…。
そりゃそうだ、たぶん小学校の時以来だもの。
「あふさか」とか「けふ」とか「ころもほすてふ」とか超久々。

普通に生活をしていて子どもたちに教える機会もない
(というか自分自身にも知識がない)。

「かるた」というゲーム形式で、
学んだり・日本文化に触れられるのっていいなぁ。

こういう形式ってすごく大事だなぁって改めて思った。
何かを「学ぶ」時に、「よし!勉強するぞ!」って決めてやるのはハードルが高い。
でも、ゲーム形式で楽しみながら自然と学べるならいいもの。

自分が進行するワークショップだけでなく、お店での販促でも活かせるはず。
お客さまが楽しみながら、自然と店主の持つ専門性を感じるような何かを。

まきや

【メルマガにご登録ください】 しかけ販促で儲ける技術(水・金配信)

写真・イラスト付きで分かりやすく配信中、ぜひ登録ください!