セミナー&ワークショップの生進行レジュメ。2年半前:20枚。今1枚


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

個人的に、すごく面白いものを発見した。

セミナーやワークショップを進行するための「自分用レジュメ」の比較。

125-2

【左】昨日使ったもの。1枚のみ。時間割と、忘れちゃいけないワーク手順を記入。

【右】2年半前に行ったセミナー用。パワポで作り込んだ20枚に、それぞれ話さなきゃいけない事を赤ペンでみっちりと書き込んでいた。

 

やっている内容が違うので(セミナーVSワークショップ)、そのまま比較しちゃいけないけど、「予め決めている話」の量が圧倒的に減った。

 

今は、ワークの進行方法はだいたい決めてはいるけど、中身の話はワークで出てきた意見やアイデアがもとになる。グループディスカッション自体に価値があって、その気づきを発表してもらって「その気づき・そのアイデアはこういうことですよね」と、ぼくなりの切り口でまとめなおす感じ。

 

今のスタイルの方が好きだ。何が出てくるかわからないし、うまくまとまるかもわからないので、ドキドキするしワクワクもする。自分自身も、この時間の中で成長できると思える。参加者さんの盛り上がり具合も、こちらの方が良さそうに見える。自由度が高いからかな←ここは塩梅が難しい。条件があった方がディスカッションしやすかったりもするし。日々勉強ですわ。
とにもかくにも、昨日のベイモーニング&ベイビジネスアイデア倶楽部は楽しかったぞ。

 

まきや

 

【メルマガにご登録ください】 しかけ販促で儲ける技術(水・金配信)

写真・イラスト付きで分かりやすく配信中、ぜひ登録ください!