30年ぶりの潮干狩り。発見があれば、応用がある。アイデアのチャンスさ。


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

makiyaWP2


たぶん、30年ぶりに潮干狩りに行きました(自分が子どものころ以来)。
発見がたくさんあって楽しかったっす。

熊手を買ったんだけど、まったく不要。手を砂の中に突っ込めば、いっぱい出てくる♪ アサリとか、アサリっぽいのとかがいっぱい。

■「これって、販促・商売にも当てはまるんじゃないの?」とか考える。

 

で、とった貝をいれたバケツをマジマジと見ると、すごく面白い。
貝って「飛ぶ」んですね!「飛ぶ」っていうとちょっと違うんですけど、貝の中からウデみたいのを出して、それをピンっ!って伸ばす勢いでピョーンと飛んで移動していました(水の中で)。すげぇ面白い。

■「これって、販促・商売にも当てはまるんじゃないの?」とか考える。

 

貝って人見知りするのか、恥ずかしがり屋なのか分からんけど、バケツが動いている間はあまり動いてくれない。でも揺れない場所に置いて、カバーをして暗くしてあげるとゴソゴソと動き出す。しばらくは見てて飽きないなぁと思いました(たぶん3時間もすれば飽きるけど)。

■「これって、販促・商売にも当てはまるんじゃないの?」とか考える。

 

自宅に帰り、砂抜きをしているところ。今朝の様子をチラリと見てきたら、ほとんどの貝がウデ(?)を外に伸ばしていた。たぶん、リラックスタイムなんだなぁ。

■「これって、販促・商売にも当てはまるんじゃないの?」とか考える。

発見があると、応用もできる。アイデアを生むチャンスは、きっと身の回りにたくさんあるのだ。それを発見できるかどうか。活かそうと思えるかどうか。それって大きな別れ目だと思うのです。発見があれば、新しいアイデアのチャンスがある。そう信じています。信じた方がお得ですから。

 

まきや


makiyaWP

↓【メルマガにご登録ください】 しかけ販促で儲ける技術(水・金配信)

↓今すぐ、メールアドレスを入力し「登録」ボタンを押してください! 写真・イラスト付きで分かりやすく配信中!