カネを使わずファンを作る方法を実践されたぜ!


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

makiyaWP2

昨日のお昼は、埼玉県の春日部に行ったんです。
「第1回、食品ロス2大巨頭会談!」と(勝手に)題して小さな集まりをすべく(4人です)。食品ロスを減らす活動をされている井出先生と、リアルに食品ロス削減の取り組みをしている尾堤社長と、様々な情報にアンテナビンビンの易経講師の飯田さんと。

15825837_1247729081962193_5523087831865731344_n15823294_1247729158628852_5475370400669638562_n

▼井出先生の本を読んだときの感想記事
http://haps.chu.jp/archives/6682

▼小堤社長のお店「はなあゆ」さん
http://www.hanaayu.com/

▼3000年の古典を現代に生かす飯田さん
https://www.i-ekikyo.com/

4人でたっぷり3時間半!食品ロスについての現状と、我々の勘違い。そして尾堤社長がリアルにしている取り組みなどとてもとても考えさせられることばかり(いや、ぼくが考えていなすぎるのか)。

結局は「自分で判断しない」人が増えていること。そういう環境になっていることがマズイんじゃないかという話題も上がり、めちゃくや共感した次第です。

ぼく自身は小さなことしかできないですが、それでもやってこうと思うわけです(我が家の食品ロスを減らすことから。これだいじ!)。

■はなあゆさんで受けたおもてなし!

んで、今日のお話は別のこと。
ぼくがお客さんとしてとっても嬉しかったエピソードをご紹介させてください。

昨日お伺いしたのは尾堤社長のカフェ「はなあゆ」さんです。ぼくはお伺いするのは3回目。こまかーいところまで作り込まれていて、「しかけ」たっぷりで、とっても面白いしとってもかわいいお店です。

でもでも、はなあゆさんの1番いいところは、そういう物理的な面ではありません。気もちの面。そっちがめちゃくちゃ心地いいんです。入った瞬間に心があったかくなるお店なんです。そういうのをぼくが感じるのは、あとは…代々木八幡にある美容室Splashさんです。http://www.hairsplash.net/ (こちらも、とてつもなく心地いい!大好きっす)

 

そして、お店(はなあゆさん)に伺うと…店頭にこんなボードが出ていたんですっ!!!

↓これ!すごいでしょう!!

15781297_1247729125295522_866838327111198420_n

見た瞬間びっくりしちゃいましたよ!「ここまでしてくれるのかっ!」って。

これ、つくるの時間かかりますよ…。筆で手書きをして、さらに本の画像も印刷してデコレーションしてって…。

ホント嬉しいっ!!

ここまでしてもらったことなんて今まであったかどうか。

これ、何がうれしいのでしょうか?

「自分の名前が書かれているから?」 違います。

「自分の本の画像まで用意されているから?」 違います。

そういう事象がうれしいんじゃないんです(いや嬉しいですけどね)。それよりも、ここまでやってくれる気もちがうれしいんです!

こんなんしてくれたら、んもぅ一生大ファンっす。特別なことがない限りは。「はなあゆ」さんの話題になったら、この話も出てくることでしょう。だって言いたいもん!

ぼくらが商売をしている時に、何かお客さまに対して特典(インセンティブ)を提供
することがあるでしょう。それって、値引きとかおまけとか、お金やモノに関わることが多いかもしれません。

でも、ぼくらは人間です。
感情の生き物です。モノもうれしいですけど、気もちはもっともっと嬉しいんです。ぶっちゃけ、モノは他社・他店でも手に入るかもしれない。でも、気もちは他では頂けないものなんです。

だから嬉しいし、忘れない。
ファンになっちゃいます。(ホントは前からファンだけど)

ファンを作るのにお金は必要ないんです。
気もちの方がずっとだいじ。だってファンは、「応援したい気もち」のある人だもの。

「ここまでやるかっ!」のおもてなしでファンは作れる。

え? やってみたくなりました?
きっと労力をかけた以上のものがあると思いますよ~。

 

■前回の記事 サービスせずに、お客さまが勝手に満足する場があった!
■前々回の記事 名刺で「親近感」をGETするテッパンネタって!?

↓こんな「しかけ販促」の裏側を、メールマガジンで毎週お届けしています!ぜひ登録してやってください!


makiyaWP



カネを使わずファンを作る方法を実践されたぜ!」に1件のコメントがあります

現在コメントは受け付けていません。