父ちゃんが悪かった話。


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

長男と次男がスマホゲームをしていたのでクイズを出してみた。

「ゲームで課金をするときにする音は、どんな音でしょう?」

息子たちは「ピロリンかな」「ポロローンかな」とか言います。

「ブー、カキーン!でしたー」

父ちゃんがそう言うと、息子たちは苦笑い「ホント?課金したことないから分からないよ」。なるほど!確かに!課金をしたことがなければ、課金をした時の音は分からないよね。父ちゃんが悪かった。すまんすまん。ちなみに父ちゃんも課金をしたことはない。

で、続けてクイズを出した。

「では、募金をするときには、どんな音がするでしょう?

長男は苦笑い「もぅわかったよ。ボキーンでしょ?」
次男も続く「ボキーン」と。

「ブー!チャリンでしたー」

息子たち苦笑い。さては君たち、募金をしたことがないな?だから募金をした時の音が分からないんだな?父ちゃんは日々コンビニのお釣りを募金しているから分かる。あれはチャリンだ。

あ、ちがう!あの音を「ボキーン」と表現したのか。音をどう表現するかは自分次第だな、たしかに。あの音をボキーンと表現したのだな。チャリンと決めつけていた父ちゃんが悪かった。すまんすまん。

極力、予定調和を崩す経験を増やしてあげたいと思っております(って後づけ。ホントは父ちゃんがたのしいだけっす)