名刺で、想定外の成果が出ていた理由とは?


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

先日、企画から作らせてもらった整体院さんの名刺、手ごたえを聞いたところ好調だとのこと。うれしい!頂いた言葉の中に、ヒントがありましたので掲載の許可をいただき、ここで解説させていただきます。

名刺の制作をさせてもらったのは、鳥取県米子市にある「とオチカヘルスケア」の遠近さま。「整体」ではありますが、やっていることはちょっと特殊で「美容整体」を掲げていらっしゃいます

中でも、ダイエット。食事法の指導も含めたサービスをされています。遠近さんご本人が25キロやせた実績はもとより、お客さまも続々ダイエットに成功されています。

企画からじっくりと練りこんで完成した名刺はこちらです。

↓こちら。特殊なタイプです。

トオチカヘルスケア遠近さま外面
トオチカヘルスケア遠近さま内面

ちょっと特殊でしょう?
名刺っていうのは、ふつうは自分のアピールをするものです。やっている業務やサービス、こだわりとかあと人がらが伝わる情報を盛り込んでいきます。

でも、遠近さんの名刺ではそれをメインにはしなかったんです(サービス内容も入ってはいますけど、メインじゃない)。

何をメインにしたかというと・・・

●お客さまのメリットになる情報

です。具体的には

●50歳からの間違いダイエット VS 成功ダイエット

を見出しにした記事です。

こちらのアピールではなく、相手にとってメリットのある(と思える)情報を掲載したんです。
それが完成して2か月くらいですかね。手ごたえを聞いて、頂いたメールを抜粋してコピペします。

 


名刺の方は立派に活躍しています。
お客様は、まず私のビフォー・アフター写真を見ますので「こんな風に変わりました、痩せてヘルニアも治って元気に過ごせているので整体とエステをあわせた今のような店を作りました」というと納得してくださいますね。

(中略)

写真で興味を持ってもらえて、中を開くと原始人。原始人って何ですか?それはですね~~~・・・・という具合にこちらのテリトリーにどっぷりつかってくれます。

上記の3名は、先週今週でお客さんになりました。8キロ痩せたいので、先生にすべてお任せします。とか小顔でも痩せやすくなりますよ!といったら
体験しますと即翌日の予約を取ってくれました。

それから、異業種交流会でもよかったです。地元の分だったので「この写真いつも見ています」。といわれました。

それと私の仕事のメインが何かがはっきりわかるので、どんな業種の方とも、すんなり話ができました。手もみ本舗のようなマッサージチェーンの社長もいましたが、同業ですがジャンルがはっきり違うので、気軽にお互いはなせて、何か一緒にやりましょうね、という話もできました。

やはり、しっかり伝えたい内容を書き込んであると、しかもそれがデザインされた、紙質も厚めの名刺ですと存在感がはっきりあるものなんだな~とつくづく思っています。(今までが自分でプリンターで作ったペラペラなものでしたので)

(後略)


 

うれしいですーー!
まずは名刺交換を機に、サービスの魅力について自然と語れる場ができて、実際にお客さまとして来店につながっていること。こちらは想定内というか、名刺の狙いの一つでもありますので直接的な成果が上がっていてとってもうれしいです!「直結名刺」というネーミングをしてますから、それに恥じない結果になっているかなーと。よかったぁ。
そしてもう一つ。こちらは想定外の結果です。

同業者さんとも、すんなりといいお話ができたとのこと。これは想定外でしたけど、とっても嬉しいです!整体や施術のお仕事をしている方って多いですが、よく聞くと、実は違うことをしていたりするんですよね。それを理解しないと、お互いに近づけない。(思いっきりライバル関係になりかねないから)

でも、名刺でハッキリと独自性を書いたことで、それも解消されていたようです。うれしいですわー。独自性をはっきりと表示するって大事ですね。
もう一つは、名刺の見た目ですね。
自作したペラペラの名刺よりもきちんとデザインされていて、そして厚みのある紙がいい。

そうそう!そうなんです。
名刺に気を使っていない方は「名前や住所が書いてあればいい」と思っているかもしれません。でも、受け取る方は何気ないところでいろいろと感じているものです。ハッキリと意識をしなくても、名刺1枚で、どんなことにこだわっている人なのか無意識に伝わっていくものです。名刺1枚のことですが、ぜひこだわってみてくださいねー。
■トオチカヘルスケア
http://米子整体.com