「信頼=リアクションの期待値」と表現していいんじゃないか!?


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

「信頼」と「信用」って違いがよくわからなかったけど、少しずつすっきりしてきた。

●信頼=リアクションの期待値

という風に理解していいんじゃないかなと。

■ピーマンを食べたら → いつも褒められる。そう信じられるのが信頼。
■ピーマンを食べたら → いつもふ~んと無関心。これも一つの信頼。

■改善案を提案したら → 「いいねぇ」と確実にノッくれるのも信頼。
■改善案を提案したら → 「ダメだよ」と確実に否定されるのも、裏切らない信頼(そういう信頼があるから、言いたくなくなる)。

相手に対して「この人はきっとこういうリアクションをしてくれる」と信じられることが信頼なのではないか。いい方の信頼もあるし、嫌な方の信頼もある。

もし、こういう理解が間違っていないなら、いい方の信頼を持ってもらえるようになりたいものだ。言葉遊びでしかないかもしれんけど。