ぼくは確信しています。これからの時代の広報や販促には、絶対に「エンタメ」が有効だって。絶対に「必要」とは言えませんが、絶対に「有効」です。

世の中は情報だらけです。ぼくらを含めて生活者・消費者はみんな情報の洪水の中で生きています。我々がお客さまを説得しようとしても耳を傾けてくれるはずがありません。

お客さまは、自分の大事な時間を費やすなら「オモシロいもの」「前のめりになれること」あとは「元々興味のあること」に対してだと思うんです。だから、これからはお客さまに何かを伝えるときには「エンタメ化」が超重要。お客さまが楽しめるコンテンツの中に伝えたいことを含める伝え方。これがめっちゃ重要で有効だと確信しています。


エンタメ化でお客さまを前のめりにせよ!

お客さまが「前のめりになって楽しめるエンタメ」であることはとっても大事ですが、ただオモシロいだけでは足りません。

ビジネスの中で「こだわり」や「商品の良さ」「会社の魅力」を伝えるには様々なノウハウが必要です。弊社ではそのための総合的なノウハウを蓄積しています。それはWEB上のコンテンツだけでなく、店内で提供する体験(POP、接客時のしかけ、メニューブック、販促物)などでも実現できるものです。


伝わらないを「伝わる」に

良さが伝わらずに買ってもらえない商品は「良くない商品」になってしまいます。こだわりが伝わらずに買ってもらいないと「こだわりは無力」です。それはなんとか避けたいじゃないですか!せっかくこだわっているなら。

  • お店のこだわりを伝えたい
  • 商品の良さ・魅力を伝えたい
  • 会社の風土や魅力を伝えたい
  • 社長の心意気を伝えたい
  • スタッフさんの雰囲気を伝えたい
  • 接客の良さ・おもてなしの気持ちを伝えたい
  • メッセージを伝えたい
  • ノウハウを伝えたい
  • 覚えるべき知識を伝えたい

などなど「伝えたい、けど伝わらない」時には「伝わるエンタメ化戦略」が助けになるかもしれせん。もちろん相性もあるし、お店や会社の雰囲気とは合わないこともあるので全員に合うサービスではないです。

でも「楽しく伝えたい」「伝わらないを、伝わるに変えたい」「お客さまに目を向けてほしい・耳と傾けてほしい」という場合には有効な方法になります。「このツールの制作を依頼したい」というほど具体化していなくても大丈夫です。エンタメ化して販売する作戦から一緒に考えましょう。

もし「こだわり伝えるエンタメ話化」に興味が向いたら、お気軽にご相談くださいませ


責任者は、ぼくですが。

だいべん士・マッキーヤ

本名:まきや さねゆき(眞喜屋 実行)

「伝えたい!」をだいべんして「見たくなる・伝わる」に変換する企画屋です。「だいべんマンガ」「うごく4コマ」「絵本動画」「ミニ小説」など制作します。元飲食店とかの店長。30歳で独立/365日メルマガを配信して6冊出版/分析大好き・小ネタだらけ/愛妻1人・愛息子2人/ペヤング大好き/ハライチ岩井さん・スパローズ大和さん好き 


期待してくれたら、作戦会議から☆

まだ何を作るかおぼろげでも大丈夫です。新しいことに取り組むときは簡単にはイメージできないものですから。期待をしてくれたら、まずはお気軽にお問合せ下さいませ。

[エンタメ化戦略]お問合せ・オファーフォーム

*は必須項目です

*お名前

お店の名前(または会社名)

*メールアドレス

*業種をお知らせください

ホームページなどがあれば、URLをお知らせください

*どんな内容を伝えたいか、予算感などイメージをお願いします