これまでに延べ1500名さま以上の方にダウンロード頂いている「販促美人」のおすそ分けノウハウファイルが新作に変わりました!


できましたよ!すっげーまとめファイルが! 無料おすそ分けしますっ!

しかける販促マンが見抜いた!

あの繁盛販促が儲かる裏の仕組み17撰

■収録した17の仕組みはこちらです
■仕組み1 たった一言で客単価を2.5倍にした仕組み
■仕組み2 他のお客さまよりも客単価が1000円以上高くなったしくみ
■仕組み3 8割のお客さまがそのまま継続した仕組み
■仕組み4 4ヶ月後に、どうしてもリピート来店したくなった仕組み
■仕組み5 ゴールをズラして、お金をもらいやすくする仕組み
■仕組み6 お客さまの満足度・納得度が自動的に上がる仕組み
■仕組み7 他人ごとを自分ごとに変えて、注目を集めた仕組み
■仕組み8 お客さまの手が伸びる新商品バリエーション仕組み
■仕組み9 狙って1番売る!メニューブックの仕組み
■仕組み10 お客さまの頭の中を支配するツッコミ待ち販促の仕組み
■仕組み11 お金を使わずにファンを増やす仕組み
■仕組み12 お客さまの「ありがとう」を狙って引き出す商人の仕組み
■仕組み13 あるものをプレゼントして受注を増やす仕組み
■仕組み14 お客さまの満足度が自動的に上がるしくみ
■仕組み15 お子さまが集まり、さらにクチコミが起きた仕組み
■仕組み16 たった1秒で、お子さまの気持ちを引きつけた仕組み
■仕組み17 置いとくだけで注文を2倍に増やした仕組み17522076_1339292562805844_256440333_o

本ファイルは、特選販促ネタを厳選してまとめたものです。しかける販促マンである眞喜屋実行(マキヤサネユキ)がこれまでにメールマガジン「しかけ販促で儲ける技術」内で記事にしてきた販促ネタから「儲けの仕組み」というテーマに合うものを厳選しました。


■「裏の仕組み17撰」を読んで頂く前に、お願いを聞いてもらえませんか?

■ お願い1 本ファイルに収録された17個の仕組みの内、1つでも「これは役立つ!」と思えるものがあったら、本ページをシェアして頂けませんでしょうか?(Facebookでも、ブログでも、メールマガジンでも、知りあいに直接話すのでも) せっかくつくったファイルなので多くの人に見てほしいのです。「ちょっとでも役立ちそうなところがあったら」で構いませんので…(^^)/ 無理も必要ないです!

■お願い2 本ファイルを読んだ感想を頂けないでしょうか?このページ上やまきやのメールマガジン上で紹介させて頂けると嬉しいです。

※このお願いは、ぼくの勝手なお願いなので無理は必要ないです。「お願いを聞いてやってもイイよ」と言う方は聞いて頂けるとめっちゃ嬉しいです!

■さらに…こちらのデータ冊子もおまけプレゼント!
■名刺でリアクションをGETする3つの技術(8ページ)

0106-2・名刺交換を無駄にしていないか?
・名刺を作る前に作るべきは、テッパンルート
・名刺で、どんなリアクションを狙えるのか?
・リアクションを狙うしかけ(1) ●●のある画像
・リアクションを狙うしかけ(2) 一部を●●で隠す
・リアクションを狙うしかけ(3) ●●コンテンツを加える
・まとめ

■いち早く、読んでくださった方から感想を頂きました!

『名刺本来の役割である【仕事へ近づく】ための仕掛けが盛り沢山の内容でした。こうすれば人はこう動くという、行動や心理を考えたアプローチには『流石!』の一言。名刺を渡した相手から興味を持ってもらうには、逆算思考で考えなければいけませんね。』
株式会社協和 デザインマーケティング部・部長  渡部 直樹さまより


『仕事柄、お客様の名刺を制作する機会が沢山ありますので、今回ご指南頂いた内容を参考にして、お客様に有益な名刺などのツールを提案していこうと思います。特に、リアクションを狙うしかけで、相手から質問される・突っ込まれる部分が参考になりました。』
リトルサインズ 栗原 賢太郎さま


一部をふせんで隠すしかけは、一枚ものの名刺でも使えそうなしかけなので、ぜひ試してみたいです。
ねぎみ美装・消毒 金子智彦さまより


名刺に仕掛けをする…自分でも名刺は色々と工夫をしていたつもりだったけど、全く、想像も思いつきもしなかった
いままで、良くあるパターン。名刺交換したけど、後日名刺を観て顔が浮かばない…これは相手にも同じ事が起こっているだろうと初めは似顔絵を入れた名刺にしていました。でも、しっかりと「顔」と「名前」を覚えてもらうために、写真に変えました。これで、相手に覚えてもらえるだろうと「名刺の仕事」は終わり。と思ってました。

しかし、まだその先が存在したなんて…
確かに名刺は、ほぼ100%受け取ってもらえるツール。ここに相手に起こしてもらいたい「しかけ」があれば、確率はどの販促物よりも高くなりますよね。置き換えてみると、自分は、名刺交換のあと、相手の名刺を見て共通点はないか?話題のネタはないか?と思いながら名刺をみています。そして、肩書き、名前、連絡先。位しか入ってない名刺をみて、な~にも無い?と思ってしまいます。ここに、何か仕掛けがあれば、間違いなく自分なら食いつくでしょう。名刺交換する時は、ほぼ、その方とは初対面ですから、緊張もすれば、話題も乏しい時ですから…。
してもらいたいアクションもしてもらえて初対面の場も盛り上がって、とっても魅力的なツールかもしれませんね。

カットサロンともき 山中知規さまより。

 


■下記に入力し、裏のしかけ17撰ファイルを無料でGET!

 

 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記