※続々ダウンロードされてますっ! 2017/2/5現在 60名さま!

名刺交換で、ちゃんとお仕事につながっていますか?

きちんと「し・か・け」をすることで、あなたが望む結果に近づけることができます。
0106-2

■ノウハウ冊子の内容
・名刺交換を無駄にしていないか?
・名刺を作る前に作るべきは、テッパンルート
・名刺で、どんなリアクションを狙えるのか?
・リアクションを狙うしかけ(1) ●●のある画像
・リアクションを狙うしかけ(2) 一部を●●で隠す
・リアクションを狙うしかけ(3) ●●コンテンツを加える
・まとめ

こちらのデータは、弊社が毎月作成しお客さまやビジネスパートナー様にお送りしている販促ミニマガジンの2017年1月度のデータ版です。通常は一般にはお出ししないものです。8ページでイラストも多いので時間をかけずに読めると思います。ノウハウは情報量よりも、分かりやすさ・使いやすさの方がだいじだと思って居ますので。ぜひ見てやってください。

■いち早く、読んでくださった方から感想を頂きました!

『名刺本来の役割である【仕事へ近づく】ための仕掛けが盛り沢山の内容でした。こうすれば人はこう動くという、行動や心理を考えたアプローチには『流石!』の一言。名刺を渡した相手から興味を持ってもらうには、逆算思考で考えなければいけませんね。』
株式会社協和 デザインマーケティング部・部長  渡部 直樹さまより


『仕事柄、お客様の名刺を制作する機会が沢山ありますので、今回ご指南頂いた内容を参考にして、お客様に有益な名刺などのツールを提案していこうと思います。特に、リアクションを狙うしかけで、相手から質問される・突っ込まれる部分が参考になりました。』
リトルサインズ 栗原 賢太郎さまより


一部をふせんで隠すしかけは、一枚ものの名刺でも使えそうなしかけなので、ぜひ試してみたいです。
ねぎみ美装・消毒 金子智彦さまより


名刺に仕掛けをする…自分でも名刺は色々と工夫をしていたつもりだったけど、全く、想像も思いつきもしなかった
いままで、良くあるパターン。名刺交換したけど、後日名刺を観て顔が浮かばない…これは相手にも同じ事が起こっているだろうと初めは似顔絵を入れた名刺にしていました。でも、しっかりと「顔」と「名前」を覚えてもらうために、写真に変えました。これで、相手に覚えてもらえるだろうと「名刺の仕事」は終わり。と思ってました。

しかし、まだその先が存在したなんて…
確かに名刺は、ほぼ100%受け取ってもらえるツール。ここに相手に起こしてもらいたい「しかけ」があれば、確率はどの販促物よりも高くなりますよね。置き換えてみると、自分は、名刺交換のあと、相手の名刺を見て共通点はないか?話題のネタはないか?と思いながら名刺をみています。そして、肩書き、名前、連絡先。位しか入ってない名刺をみて、な~にも無い?と思ってしまいます。ここに、何か仕掛けがあれば、間違いなく自分なら食いつくでしょう。名刺交換する時は、ほぼ、その方とは初対面ですから、緊張もすれば、話題も乏しい時ですから…。
してもらいたいアクションもしてもらえて初対面の場も盛り上がって、とっても魅力的なツールかもしれませんね。

カットサロンともき 山中知規さまより。


数ヶ月も名刺をきらしており……(^^;) 名刺をリニューアルしたいと思いダウンロードいたしました。ありがとうございます!

名刺づくりのポイントがすごくわかりやすく、今回は『インパクトのあるデザイン』で、つっこみ、記憶に残る名刺づくりにチャレンジしてみました。

自画自賛ですが(笑)人に渡したくなる名刺が完成しました。

0201-2

アトリエ凡 安里凡児さまより

■下記に入力し、名刺のしかけノウハウを手に入れてください!

0125-2

 

「リアクションGET名刺を制作したい方はこちらをクリック!

 

 プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記