※株式会社はぴっくの名刺制作のページにお越しくださりありがとうございます。大変申し訳ありませんが、現在弊社では名刺の企画制作を承っておりません。

ですが、弊社が信頼するデザイン会社(ヴェニオ物語)をご案内しますので、もし本ページに興味を持たれた方はぜひそちらにお問合せ下さいませ。

■ヴェニオ物語の名刺制作 http://venio.jp/product/meishi


さっぱり名刺を持っている人…90%超。
直結名刺を持っている人…3%ほど。

0428-2

(失礼ながら、私(まきや)が頂いた名刺を勝手に分析しての割合です)


■名刺で”勝つ”ためのしかけ、していますか?(59秒)

■9割の人の名刺が、お仕事に直結しない理由をご存知ですか?

答えはシンプル。
仕事に直結する設計をしていないから」です。
これにつきます。

顔写真を載せてるから大丈夫?
お仕事の情報をとことん掲載しているから大丈夫?

なるほど…。
それはアピールですね。
設計ではありません。

 

お仕事に直結する設計とは何か!?

一番大事なことは…

 

名刺のゴールを明確にすることです。

ほとんどの名刺はこれをしていません。名前をのせているだけのッパリ名刺か、自分のことをたっぷりと盛り込んだアピール名刺が多いです。

 

名刺からお仕事依頼を増やしていきたいなら、お仕事に直結するゴールを定める必要があります。
あなたは、名刺交換をした相手に、

どんな行動を取って欲しいですか?明確に決めていますか?
どんな記憶を残してほしいですか?明確に決めていますか?
どんな印象をもってほしいですか?明確に決めていますか?

 

それが明確でないのにお仕事依頼が来るなんて・・・…

運がいいか、人がらが抜群にいいのでしょう。


■直結名刺を作る順番とは?

名刺を作る際は、いきなりデザインなんてしません。
いきなりキャッチコピーなんて考えません。

1)お仕事依頼までのステップ&名刺ゴール設計

まずは、お仕事依頼に結びつくまでのステップを設計します。
そして、その後に名刺のゴールを決めます。

0106-5

この設計がなんです。

2)名刺のしかけ設定&ラフづくり

名刺のゴールが明確になったら、ゴールを達成するためのしかけを考えてラフ案を作ります。(下は実際に作った企画書の一部)

名刺の中身の作り込みでは「相手を狙い通りに動かすしかけ技術」が活きます(弊社の独自ノウハウを最大限盛り込んで、どうにかうまくいくように精いっぱい設計します!)。

・注目してほしい所に注目してらう。
狙った話題での会話を生みだす
・狙った項目で質問される
親近感を持ってもらう会話に持ち込む
・狙って印象を残す

これらは、しかけ技術を駆使して行います。

何でもかんでも思い通りにはなりませんが、割と多くのことを狙って実現できます(もちろん、受け取った相手によって反応は違います。100%同じ反応を得られることはありません。可能性が高まるよう、感覚的・論理的に作り込みます。)

3)詳細の原稿を作り、デザイナーさんに発注!

しかけとラフスケッチで合意できたら、詳細の原稿を作ってデザイナーさんにデザインをしてもらいます(ようやくですね)。でも、準備がめっちゃだいじなんですよ~。

 


■たとえば、こんな名刺を手掛けています。

 

 

■直結名刺が合う業種は?

個人のノウハウや技術(いわゆる”ウデ”ですね)をお仕事にしている方が良く合います。名刺交換時で起きる会話や印象がだいじな業種です。たとえば、コンサルタントさんやセラピストさん、士業さん、専門家さん、フリーランスの方など。

これ以外の業種でも「整備工場さん」「健康食品の会社さん」なども制作しています。何かしら名刺交換のゴールを持っている方なら、きっとお役に立てます

名刺交換で何かを起こしたい方。名刺交換で勝ちに行きたい方はきっとお力になれます!


■名刺の「しかけ」の一端を、事前に少し見てみませんか?

※株式会社はぴっくの名刺制作のページにお越しくださりありがとうございます。大変申し訳ありませんが、現在弊社では名刺の企画制作を承っておりません。

ですが、弊社が信頼するデザイン会社(ヴェニオ物語)をご案内しますので、もし本ページに興味を持たれた方はぜひそちらにお問合せ下さいませ。

■ヴェニオ物語の名刺制作 http://venio.jp/product/meishi