美味しければいい? いや、伝えた方が満足度は上がる!


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

腕の立つコックさんには、
細かいこだわりとか技術とか言うのは野暮、おいしいと思って頂けたらいいんだ」という人もいる。
その気持ち、よくわかる。

でも、お客さんにとっては「言ってくれた方が嬉しい」こともある。

0307

手前のサーモン、生に見えるけど、実は微妙に火を通しているそうだ。
そんなこと、素人のぼくには聞かなきゃ分からない。

でも、それを聞いたら「へぇ~」「すげぇ」って思いながら、さらに味を堪能しようとする
結果的に、「だから、おいしいんだ!」「こんなお店に来れてよかった」となれる。
満足度が上がるのだ。

たしかに言いすぎると野暮になるかもしれない。
お客さまにもよるのかもしれない。

でも、お客さまにとっては、知ることでより満足度が上がる情報もあるのだ。
我々商売人は、それを知り、何を伝えるか・どう伝えるかを考えるべきだろう。

まきや

 

【メルマガにご登録ください】 しかけ販促で儲ける技術(水・金配信)

写真・イラスト付きで分かりやすく配信中、ぜひ登録ください!