伝え方の裏話:こっそり行動イメージ法


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

こんにちは!だいべん士のマッキーヤです。

伝え方って難しいですよね。「●●してください」って直接的に伝えたいけれど、それだと「押し付け」っぽく感じてしまう方もいます。行動してほしいことを直接的に具体的に伝えるのは王道だしとても大事なことですが、今回は直接的じゃない方法で、お客さまの頭の中に「こうやって行動したらいいんだ」と想像をしてもらう方法を1つおすそ分けさせてください。

愛知県の表面処理会社・小池テクノさんで制作させてもらった4コマ動画を事例にして解説させてくださいませ。

こっそり行動イメージ法

上の4コマを見てみてください。いくつも伝え方の工夫はあるんですが、ここでは「こっそり行動イメージ法」としてお伝えしますね。

ポイントは3コマ目です。

ここですね。見込み客の方がスマホで検索して問題を解決している様子を描いています。これだけなんですが、これを見てくれた方は「あーなるほどスマホで検索すれば出てくるんだなー」と想像ができるはずです。はっきりと「検索してください」とは言っていませんが「検索すると解決できるよ」と伝えている4コマシナリオなんです。

実は、この塩梅は難しいんです。悩むんです。もっとはっきりした方がいいかなとか、ハッキリしすぎるとイヤらしいからもう少し暗に隠そうかなとか。今回は行動はわりと暗にして「検索フレーズ」を明確にしてみました。押し付けずに行動をイメージできるシナリオにできたかなと。

参考にしてみてくださいねーー!

■依頼主さま:小池テクノさま