長男にジョブズを見せる。理由を伝えて納得。【こだわりを伝えることのだいじさ】


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

10月から、長男と勉強をすることにしました。

週2回、英語と数学。
学校の授業の補修的なことをするのが
目的なんだけど、それじゃつまらないなぁと思いまして。
さらに、根本の学力は【授業の問題を解く】だけじゃ
つかないと思っているし(あくまでウチの場合)
あと何より、ぼく自身が中2の授業なんてわからんし…。

 

ということで!!

勉強の仕方は【ぼくっぽく】にしています。
やっぱり【考えること】【創り出すこと】をだいじにして頭を使ってほしいから。

なので、まずは短時間ワークを。

・60秒トランプ足し算
・60秒「なんで?」
・60秒「どうすれば?」
・60秒創作
・60秒読書

を実施。
1回で何かしらの効果が出るわけじゃないので継続して、そういう頭の使い方をしていこうと思っとります。
で、この辺りの短時間ワークをおえて、先日は英語の時間。

教科書を開く前に、iPadを開きました。

そして、youtubeで「スティーブジョブズ」のスピーチをスタート。
141010

細かい内容は全くわからんのだけど、それでもいいと思って。
で、聞き終えてから長男に質問。

 

なんで、これを見せたかわかる?

 

長男は答えます。
・聞き取りをするため(文字を読むだけじゃなく)
・本場の英語の人だから

そうそう、あってる。それも意図の内。

だけど、それであればスティーブジョブズの必要はない。
ネイティブな人がしゃべった参考書CDでいいのだ。
そういうのではなく、やっぱりスティーブジョブズを聞かせたいのだ。

・いいことを言っているから。

うんうん、近づいてきた。そうなのよ。もっというとこうだ。
スティーブジョブズがすごい人だから

すごい人だからこそ、偉人だからこそ言葉にはパワーが籠っている。
せっかくなら、それを感じる方がいいと思うのだ。
英語が上手な人の英語を聞けば、英語上手になれるかもしれない。

でも、【人として何かを感じる】ことはないと思う。

 

話し手の情熱を感じることはないと思う。
だから、聞き手の心も動くことはない。

ただ技術というか用法としての英語を聞くだけ。

せっかくなら、意味のある英語に触れてほしいと思うのだ。

そんな説明をしたら、長男は納得してくれた。

本題はこれです。

 

普通とは違うことをして、その【理由】を伝える

理由が伝わるからこそ、相手は納得する。意味を感じるようになる。
これは販促。

 

お店で、普通とは違うことをしている時。
単にそれを披露するだけでなく、その理由をきちんとお客さまに理解して頂く。

そうすることで、お客さまは納得してくれる。記憶にも残る。

その【こだわり】が伝われば、お店側の心に共感をしてくれる可能性も高まる。

さらには、【他のお店とは違うことを体験している自分】に対してステータス感を得てもらえるかもしれない。

 

これはお客さまの優越感を刺激する感情です。リピート利用して頂ける可能性だって高まる。

【こだわり】はとってもだいじ。

その【こだわり】をお客さまに感じて頂き理解して頂くことも、同じくらいだいじ。

押し付けにならない様に伝えていきたいですね^^
それには…しかけが必要ですな。

 

freefile