伝え方は「砂時計」みたいなものである(動画ができた!)


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

自信作ができたんです☆
というか、さらに自信がついたんです。
ステキさを伝える方法に。

お店のステキさ
個人のステキさ
商品のステキさ

そういうのを伝えるのって
すごく難しくないですか?

特に「自分のことをいう」ってのは
かなりの難題です

人のいい所(悪い所)は見えても
自分のは分からないんですよね。

そして分かったとしても
それをうまいこと表現するのも難しい。
難題の連続なんです。

ぼくは今「動画」という形式で
個人店さん・小規模会社さんのステキさを伝える
ことをしています。

昨日、自信作が生まれまして。
その前にも自信作が生まれてまして。
この後にも自信作がどんどんできてきそうなんです。

昨日の自信作の依頼主さんからは、
こんな風な言葉を頂きました。


ありがとうございます!
完ぺきです!

私ひとりでは、何をどう伝えていいのか
わからなくて悩んでいましたが、
まきやさんのおかげで、スッキリしました。

本当にありがとうございました。
お世話になりました〜

まきやさんは、すごいですよ。
仕事も早いし、きっと益々、
発展して行かれると思います。

まきやさんの、丁寧かつ迅速な対応に、
プロの精神を感じました。

加えて、お人柄も最高です。

任せて良かったです。


って。 んもぅめちゃくちゃうれしいでござる!

任せて頂いて、動画を制作したのですが、
ぼくの方がたくさんいただいちゃいました☆

ぼくこそ、制作過程でいろいろと教わり
指摘も頂きレベルアップさせてもらえたんです。

で、ですね。
この動画を作るとき、実はかなり苦労したんです。

打ち合わせではいろいろとお話を伺いました。

施術スクールの動画なのですが、
その施術のステキさや、受講者さんの状況や
対象のお客さまや、依頼主丸田さんの想いやら
いろいろ色々聞きました。

依頼主の丸田さんは
「足踏みリンパマッサージ マスターズ協会」
という会の代表です。
http://marutatomi.site/

ぼくも体験したことがあるんです。

丸田さんは熊本の方なんですが、
1年半くらい前、ぼくの勉強会に参加下さって
その時に氣功術のデモンストレーションをしてくれて。

その時にいたのが8人くらいだったと思うのですが
全員が「うおー!」と唸りました。
氣功ってスゲーって。

それを知っていたので、
このステキさを伝えたいなーと思いました。

動画は「施術スクール」なんですが、
対象になる方やメリットが、一般のスクールとは違ったんです。

だから…難しかった。

「施術を習おう」
「施術を身に着けて、開業しよう」

ではなかったんですね。
だから…難しかった。

聞いたお話を「情報」として
並べて動画にしたって、何の意味もありません。

●メッセージが伝わること
●見た方が「見てよかった」となること

そういうことが実現されないと
(少なくとも、そう自信を持てないと)
ダメだと思うんです。

情報を並べるだけなんてカンタンですが、
無価値な可能性が高い。
それじゃステキさは伝わらないと思うから。

だからですね。
情報はまず広くいっぱい聞きます。

砂時計の上部って広いでしょう?
まずは広く情報を頂くんです。

そして、少し時間をおいてから
芯を見つけ出します。
ステキさの芯は何なのかと。

そして、対象の方に
どんな印象を持ってほしいのかと。
印象やメッセージを絞る工程です。

砂時計の真ん中って
一点に絞られますでしょ?
あんな感じです。

そして、メッセージが決まったら
それを表現していきます。

どんな表現にしたら
見た方に「グッと興味を持ってもらえるかな」

どんな構成にしたら
見た方に共感してもらえるかな

どんな見せ方にしたら
見た方に「これはスゴイ」と思ってもらえるかな

どんな締め方にしたら
見た方が「次の行動」を起こしやすいかな

などなど
いろいろとメッセージの伝え方を拡げます。
そして構成を作って動画化するんです。

砂時計って、落ちていくときはまた
拡がりますよね。あんな感じです。

広く情報をもらって
絞って絞って、
伝わるようにまた拡げる

この工程、結構大変なんですが
やりがいがめちゃくちゃあるんです。

ステキさを伝える工程。
これっていいことだと思えるから。

そして見た方に「伝わって」
そしてさらに「利用した方がHAPPYに」なれば
いうことなしっす。

そうして完成した動画がこちらです。

少し前に完成したこちらも自信作

実は、どれも自信作ばっかりなんですが、
オリジナルストーリーを作るパターンは
4コマ動画よりもたくさんのことを伝えられるので
また面白いんです。

4コマはスッキリとコンパクトにコミカルにする意味で
こちらも楽しいんですけどね。

伝え方・構成って面白い。
ステキさが伝わると嬉しい!
喜んでもらえたら最高っす。

今後もバリバリやっていこうと思っています。
ステキさを伝えたくなったら、ぼくに任せてくださいねーー!

人生初だと思います。
こんな風にHPに「任せてくれっ!」って堂々と書いたのは。