車窓がレジャーに!? 注目スポットをもう1つ増やせ!


FavoriteLoading「お気に入り」に追加する

makiyaWP2

昨日は横浜から電車にのって山梨県へ行きました。八王子へ出て、そこから特急かいじ・富士急行と乗り継いで、「富士山」駅まで。

その車中で「販促のしかけ」があったんです。

富士急行に乗ると、ぼくの周りは外国からの旅行者さんばっかりでした。
(ほんと、日本の方は見当たらずで)

で、富士山方面に向かっている最中に車内アナウンスがあったんです。

もうすぐ、左手に富士山の全貌が見えてきます。雪が溶けるのは来年の7月です」

と。

↓駅から降りてからですけど。

15032840_1194313540637081_1660428116629417057_n
そして、徐々に列車のスピードが遅くなるんです。
富士山をゆ~っくりと見られるように配慮してるんですね。

へ~っって唸っちゃいました。

レジャーを1つ追加」してたんです。列車の基本機能は、きちんと目的の駅まで乗客を届けることです。富士山の全貌を見てもらうというレジャーはついていません。

あえてつけたんですね。観光客が多いから。

なくていいのに「途中に1つレジャーを加える」。これっていいなぁって思うんです。

できません?
ぼくらにも。

きっとあると思うんですよね~レジャーを付け加える場って。
例えば、こんなこともそうです。

☆飲食店で、食べている途中に「中から○○が出て来たらいいことあるよ!」とか

☆「そろそろ耳を澄ませてみて下さい。○○の声が聞こえてきませんか?」とか。

☆「このパンをど真ん中からかんでみて下さい。断面が○○の形になるかも知れません」とか。
こうしたものは、別になくたっていいものです。商品本来の基本機能は果たしている。でも、もう1つレジャーを付け加えることでより満足度を高めたり、心の充実度を高めることは十二分に可能なはずなんです。
なくていいのに「途中に1つレジャーを加える」。

ぜひぜひ、考えてみてくださいね~。

 

■前回の記事    「売れた文章」は、売ろうとしてなかった!じゃあ何を?

■前々回の記事  ○○チケットで、クチコミが起きてるぞ!

■前々々回の記事 名刺交換でクチコミされるしかけを作った2人。

↓こんな「しかけ販促」の裏側を、メールマガジンで毎週お届けしています!ぜひ登録してやってください!


makiyaWP